29957
post-template-default,single,single-post,postid-29957,single-format-standard,select-theme-ver-8.9,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_menu_,wpb-js-composer js-comp-ver-6.6.0,vc_responsive

Hongik Textile Art & Fashion Design

UNIVERSITY, Department History

70年以上の歴史の中で、弘益美術大学校は、韓国 でワールドクラスのアーティストやデザイナーを多 く輩出して来た。

現在、11の学部に在籍する2,800 名以上の学生は、彼らのユニークな視点を通し て、新たな芸術の可能性を提示する先駆者的なク リエイターとなるべく育成されている。

大学は、ア ートとカルチャーの発信地でソウルで最もダイナ ミックでアーティスティックな弘大地区に位置し、ま た、その地区のランドマークにもなっている。
1971年に開設されたテキスタイル・クラフト科を前 身とする、テキスタイルアート・アンド・ファッション デザイン科は、開設以来、多くのアーティストやデ ザイナーを生み出す為、ユニークな素材と技術を 組み合わせ、新しい芸術的可能性を表現して来 た。

加えて、他とは比較にならない最高水準の施 設は、ファッションデザイン、テキスタイルデザイ ン、テキスタイルアートのジャンルを超えた経験を 学生達に提供している。

これを通して、テキスタイ ル、アート、ファッションデザインといった複数の専 門分野にまたがる学習法で、多才な才能を併せ持 つ人材を養成している。

現在では、10カ国を超え る国からの留学生450名が、専門分野や国境を越 え、それぞれの芸術的アイデンティティーの確立に 努めている。

FASHION SHOW EXHIBITION

CURRICULUM

学士課程では、産業界の専門家が教鞭を執り、学生達に専 門知識と技術を伝授し、彼らの能力の向上に努めている。一 年生は、様々なメディアを通し、テキスタイルとファッションデ ザインの総合的な基礎技能や技術を習得する。彼らは、デ ザイン工程の中で、習得した基礎技能を実践する方法を学 ぶ。

二年生になると、テキスタイルアート科、テキスタイルデ ザイン科、ファッションデザイン科の専門課程へ分かれ、織物、 染色、シルクスクリーン、ファッションデザイン、そしてパター ンメーキングといった専門的なワークショップで経験を積む。
三年生は、それまで培った技術を活用し、企業や団体からの 協力を得ながら、綿密に考えられた作品制作に取り組み、実 社会への関心を高める。

最終学年になると、様々なキャリア の道において、より実用的な技術と知識を獲得出来るビジネ スに関連したカリキュラムを通し、テキスタイルアート、テキ スタイルデザイン、ファッションデザインのそれぞれの専門分 野で、個々のアイデアを最大限に表現した作品の完成に焦 点を当てる。

PEACE IS BLUE

HONGIK FASHION WEEK

弘益ファッションウィーク2023(PEACE IS BLUE)では、アートと非暴力のメッセージを伝達するため に、クリエイティブな行動が担う

重要性について 問いかけられた。平和を表すブルーという色は、最終学年の最初で学生達の投票により選出され た色である。

学生一人一人の平和に対するメッセ ージは、ショーの最後で行われたファッション抗 議運動により明示され、さらなる平和へのメッセ ージとして、デザイン統括科、舞台芸術科、広告 宣伝科も参加した合流ファッションショーの新し い形を創り上げた。ビジュアルアートからは動画 の持つパワー、ファッションデザインからは衣服を通した人々の交流、舞台芸術からは人の動きと 音楽が醸し出すハーモニーがファッションショー の舞台で融合した。様々なイデオロギーを持った 17カ国の出身者からなる2023年度の卒業生全 員が、クリエイティブな方法で平和へのメッセー ジを披露したのである。

一方で、テキスタイルア ート科、テキスタイルデザイン科、ファッションデ ザイン科の3学科すべての卒業制作の展示も同時 に行われた。

同ファッションウィークは、各学科で 伝えられて来た事を継承し、統括と進歩に向け 前進する事に尽力している。

また、ウィーク期間中 は、卒業制作の展示、一年生、二年生、三年生 の作品の展示、修士課程および博士課程の学生 による作品の展示、セミナー、HFWマーケット、そして卒業生によるファッションショーを通して、 学生や 一般の人々が同校のカリキュラムを総括 的に一見できる機会にもなっている。

HFW MARKET

HFW MARKET

弘益ファッションウィークの一部であるHFWマー ケットは、学習プロジェクトから生まれたクリエイ ティブな製品の展示と販売をする移動式ポップア ップブースである。今年度は、‘バティック・ストーリ ー’と題する社会貢献プロジェクトでソウルのトータ ル美術館とタッグを組んだ。このプロジェクトで は、インドネシアのチレボン市に位置するクリアン バラットの職人たちの協力のもと、テキスタイルデ ザイン科の学生がデザインしたバティック(インド ネシアの伝統的染色技法)製品を制作した。
このソーシャルプロジェクトでの収益は、インドネシ アの地域社会の援助に当てられた。大学では、同 様のプロジェクトを通じて、学生が自分の手でデ ザインしたものを制作し、販売計画を立て販売す る事の出来る、起業家的な環境の促進に力を入 れているのである。

hongikfashionweek.com