SPERRY TOP-SIDER | Mug Magazine | Fashion, Design, Lifestyle and more...
25396
post-template-default,single,single-post,postid-25396,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.2.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

SPERRY TOP-SIDER

この数十年間で、Sperryの靴は海とアウトドアライフに対
して、ブランドが持つ情熱を共有してきた同時代の人々の
日常生活に必要不可欠な物となった。そのすべては、ポー
ル・スペリーが素晴らしいアイデアを思いついた1935年に
始まった。
ある時、彼は常に行動を共にしていた愛犬、コッカースパニ
エルのプリンスが、冬のコネチカット州の氷で覆われた大
地をいとも簡単にしっかりと捉えている事に気付いた。その
秘密は犬の足裏にある小さなひびと溝に隠されていたので
ある。ポール・スペリーは、そのわずかな溝から“レーザー
サイプ”のインスピレーションを思いつき、これが1935年に
初めて発表された“スペリー トップサイダー オーセンティッ
クオリジナル”の基本モデルとなったのである。
正真正銘のイノベーターであるポール・スペリーは、やが
て“デッキシューズ”として世間に広く認知されるようにな
るアイテムを開発し、さらに完璧なフィット感を実現するた
め、かかとの周りにひもを編み込んで、モカシンのクラシッ
クスタイルの幅を広げたのだった。このシューズでの成功は
その出来栄えの証明となり、シューズが提供されたヨットク
ラブのメンバーたちから、一瞬にして高い評価を得ることと
なった。Sperryのフットウェアは、現在もなお、陸や海でア
ウトドアライフを愛する人々にとってのマストアイテムとなり
続けているのである。