Art at Lazzari Space - 2018 | Mug Magazine | Fashion, Design, Lifestyle and more...
26588
post-template-default,single,single-post,postid-26588,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.2.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

Art at Lazzari Space – 2018

02 DIALOGHI CON LA CITTA 17 SEGNI DI LUCE
(Toni Benetton + Alberto Feltrin + Neonlauro)
現代芸術家のアルベルト・フェルトリン(コネリアーノ、
1984~)は、多才なアーティスト、トニー・ベネトン(トレ
ヴィゾ、1910 -1996)にインスパイアされ制作した、新し
い光のインスタレーションの集大成となる作品を発表し
た。それらは、NEONLAURO(ネオンサイン)の様々な
光の要素が融合した作品群である。
Toni Benetton + Neonlauro at Lazzari Space - art exhibition

IN SITU
(Laurent Segretier)
フォトグラファーであり、ニュー・メディア・アーティストであるローラン・セ
グレティエ(グアドループ、1978~)は、GUIDIを舞台に制作された16枚
の画像作品を発表した。それらは、産業現場に内在する感覚を捉え、彼
が住むビジュアル・ワールドの不自然さと曖昧さを表現する画像のコーパ
スであった。
Laurent Segretier | In Situ - art exhibition at Lazzari Space

IDENTITY IN PROCESS
(Ahad Moslemi + Alice Mestriner)
画家のアハド・モスレミ(テヘラン、1983
〜)は、“IDENTITY IN PROCESS
( 進行途中のアイデンティティー)”という
テーマのもと、時間と空間を越えた世界
に浸っているような主題の歴史と心理に
ついて語り、表現の豊かな何かと空気の
ような何かを組み合わせ、ポートレート
の中で、それを表現している。
メディア・アーティスト兼フォトグラ
ファーの、アリス・メストライナー(トレ
ヴィゾ、1994〜)は、“IDENTITY IN
PROCESS(進行途中のアイデンティ
ティー)”と題する展覧会で、矛盾に
ついて公然と正直に作品の中で語っ
ている。それらは、常に繊細であると
同時に、詩的で曖昧に同化して困惑
させられる強力なグラフィックサイン
である。
Ahad Moslemi - art exhibition at Lazzari Space
Alice Mestriner - art exhibition at Lazzari Space

CORPUS ELEMENTARE
(Giovanni Pietrobon + Carlos G. Coccia)
ジョヴァンニ・ピエトーボン(トレヴィゾ、
1981〜)は、女性の体を題材に創作活動
をしている彫刻家である。彼は、異なる
彫刻の技法を使って体のくぼみを創り、
女性の体のフォルムの神聖的な側面と官
能的な部分の本質についての詩的な研
究を強調した、独自のヴィーナスのコーパ
スを創作した。
グラフィックアー
ティストでセット
デザイナーのカル
ロス・G・コクシア
(アルゼンチン/パタ
ゴニア、1971〜)は、彼
のユニークで自然のビ
ジョンを反映した、二次
元および三次元の作品
の中で、黒インクの可能性
を探る。昆虫、ミネラル、
植物といった要素が、様々
なサイズのモノクロの線画の
中や、ミディアムサイズの動く
彫刻で融合する。
Giovanni Pietrobon | Corpus Elementare - art exhibition at Lazzari Space
Carlos G. Coccia | Corpus Elementare - art exhibition at Lazzari Space

NAUFRAGIO
(Marco Fintina + Michele Salucci)
彫刻家のマルコ・フィンティナ
(トレヴィゾ、1973 〜)は、
“NAUFRAGI O(難破船)”
と銘打った展覧会で、致命
的な洪水で生き残ったかの
ような、ミノタウロス、海の生
き物、幽霊、檻、擬人化動物
などから成る空想の世界へ、
来訪者を招待する。
フォトグラファーのミシェル・サルッチ
(チェゼーナ、1974 〜)は、彼の本質
的かつ皮肉的な視点から捉えた写
真を通し、観覧者にトレヴィゾの市街
地周辺を再認識して貰えるよう誘っ
ている。不確実で、不安な気持ちに
なりそうな一体感が、時代を超越し
たエレガントな建築様式から現れ
ている。
Marco Fintina | Naufragio - art exhibition at Lazzari Space
Michele Salucci | Naufragio - art exhibition at Lazzari Space