30054
post-template-default,single,single-post,postid-30054,single-format-standard,select-theme-ver-8.9,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_menu_,wpb-js-composer js-comp-ver-6.6.0,vc_responsive
17 reasons to experience Japan with Kapital

Kapital – Original tour of Japan

我々を日本のコンテンポラリーファッションの見直しに導いたブラン ド、Kapitalと共に、九州から北海道までの日本横断ツアーに出かけ てみてはどうだろうか?
日本国内の17の旗艦店は、どれも地域色豊かな、それぞれの地方文 化を反映させた店舗となっており、Kapitalコレクションを通し、高度 な職人技や独自の解釈で交流させた日米文化を発見するのは、旅の 見どころとなりそうだ。なぜなら、日本発のストリートウェアは、文化 的衝突の概念が、重要な要素となっているからである。それは、これ までよしとされていた表現の価値観を練り直し、西洋では持ち得な かった極めて独創的で実験的な折衷主義を形にした、全く新しい自 由である。Kapitalはその先駆者である。彼らは、日本の伝統的な染 色技術と織物技術を駆使し、伝統的なアメリカン・ワークウェアから その中に宿る独特の趣を引き出し、スタイルを組み合わせ、製品を完 成させる。伝統を解釈した後、モダナイズさせ、最近の国際市場に、 最も複雑で完成度の高 ファッションアイテムを送り出している。それ らのアイテムは、自国の魅力を称えるだけに留まらず、それらが持つ 世界との繋がりを分析しながら、
伝統とアバンギャルドの間で絶妙な バランスを保っているのである。

Kapital Jeans Made in Japan
Kapitalのインスピレーションの中には、ベトナム戦争、モーターサ イクリスト、カウボーイ、レゲエ、サーファー、ヒッピー運動が含まれて おり、最近のコレクションに度々登場する、今やブランドのアイコンと なったスマイリーマークは、それらに捧げられた物である。
コレクションは、世界中の文化を巡る旅の通り道であり、旅の終わりは常 に故郷で迎える。この旅のガイドブックとなっているのは、

ドキュメンタ リーメーカー兼フォトグラファーのエリック・クバテックが季節ごとに 撮影した象徴的な写真で構成された、並外れて魅力的なルックブッ クである。

古くから伝わる刺し子ステッチ技法を用い装飾されたジ ーンズ、襟や裾の端をカットし短くしたデニムジャケット、縄文時代 の古代技法で織られた3Dダウンジャケット、ジーンズを硬くし、彫刻 のようなフィット感を与える柿渋ベースの加工、それぞれ異なる横 方向に裁断した 5枚の素材を縫い合わせたフランネルシャツ、ま た、異素材を何層にも重ね、装飾的なステッチで一枚の衣服に仕 上げる日本の伝統的Boro(ボロ刺し子)技法の使用で、製品は手作 りパッチワークの趣を漂わせ、ビンテージのような仕上がりとな る。
贅沢な素材や活気ある仕立てのデザインの向こうには、Kapitalと識 別できる製品の創造を信条とするブランドスピリットがある。

ひとつ ひとつの製品には、ユニークなディテールと意図的につけられた瑕 疵があり、それらは着用者の生活の中で時間と共に累積されていく。

そういったディテールは、工場生産では叶わない。それは、そ れぞれの製品を特別で唯一の一点に変え、微妙に変化し続ける流 れの中に棲む生き物だという感覚を最終的にもたらす。 店舗も同じく、ユニークで刺激的である。そこは、伝統と刺し子ス テッチやBoro パッチワークのような地方に伝わる技術を再定義 し、型破りな解釈を詰め込んだ場所である。製品だけに限らず、店 舗スペースもまた、あなたをKapitalオリジナル日本製デニムの世 界を巡る旅の続きへと導いてくれる。

Pure Indigo - Kapital Japanese Jeans

kapital.jp