Walter Van Beirendonck | Mug Magazine | Fashion, Design, Lifestyle and more...
26670
post-template-default,single,single-post,postid-26670,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.2.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

Walter Van Beirendonck

アヴァンギャルドの主役、アントワープ・シックスの一人であるウォルター・ヴァン・
ベイレンドンクは、2006年以降、アントワープ王立芸術アカデミー、ファッション
学部の学部長を務めている。1980年に卒業した後、ヴァン・ベイレンドンクは自
身のコレクションを1983 年からスタートさせた。彼のデザイナーとしてのキャリ
アは、ファッションとデザインのルールに疑問を投げかけるような、概念的にも視
覚的にも挑戦的なコレクションで、革新的な創造性を強く感じさせ、常に注目さ
れてきた。彼の多面的な独創力は、まるで文学作品の中や自然の力、人類学、そ
して視覚芸術からインスピレーションを得ているようである。2001年に彼は“フ
ランダース地方のカルチャー大使”という称号を与えられ、2012年には、“Dream
The Worl d Awake”と題された彼の素晴らしい作品が、アントワープ・ファッショ
ン博物館で開催された大規模な回顧展の主役となった。学部長として、彼はこ
れまでクリス・ヴァン・アッシュやラフ・シモンズなどの才能のある学生たちが世界
的有名ファッションデザイナーになっていく姿を見てきた。Dazed Digital 誌に彼
は次のように語っている。「私は1985年に教職に就いたので、それ以降の世代の
学生は殆どが私の生徒たちです。学校で彼らに会い、彼らを教育し、やがて彼ら
がデザイナーとしてのキャリアをスタートさせ、とんでもない事をやってのける姿
を見て来ました。彼らを刺激し、其々の個性を発揮させる機会に恵まれている自
分の状況に、とても心地良さを感じています。」Walter Van Beirendonck fashion designer